劇場版「ドラえもん ブリキの謎」が伝えた案件、そして考えさせられた案件

1993年に公開された劇場エディション「ドラえもん ブリキのミステリー」(虎の巻:藤子・F・不二雄)
ドラえもんが拷問繋がるなど、小さい頃にトラウマを覚えたのはボクゼロ人ではないとおもう。

過日、改めてこういう品物を観覧し感じたことがあった。

それは、映画のジャンルとなるチャモチャ星の人々が「いつものんびり、遊んで暮らしたい」と“使い勝手、楽なライフスタイル”を求めて高度なテクノロジーによってロボットに様々な事を任せるようになる。ありとあらゆる会社をロボットに任せ、更にはそのロボットの発展までもロボットにかけるようになってしまう。

それにより、人間は「毎日が週末」となり堕落してしまい、足取りさえも自らの力でできなくなるほど身体が老化してしまい、結果としてロボットが人ユニットを支配するようになる。

映画のの間で「人タイミングの身体は使わなければ衰えます」という科白がいる。

これは科学の前進、更にはITの調教。
そして、ロボットのメソッドも進み、我々のライフスタイルも使い勝手も進歩している実態社会においても戒律とやる使命のように思えてならない。
まだまだ遠い先々に映るかもしれないが、もしかしたらこういう「ブリキのミステリー」で描かれたようなことが起こり得るかもしれない。

23年正面、藤子・F・不二雄教員が“使い勝手や手軽を勧めゆく世間”に対し警告を発信したのではないかと思えてならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です